スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

DEATH NOTE / 第102話 我慢

魅 上 氏 最 高…!

このブログは、文字弄りが楽チンでいいなってことで、魅上氏最高です。なんだそりゃ(汗)。

もうこうなっちゃうと、あまり言うことが浮かばない102話であります。
が、ライトくんの対ニア計画も明かされたことですし、少し色々考えてみます。
人間は、37秒間でどれだけのことを考えることができるのか。
スラムダンクとかも思ってたな~。5秒間でこんなに色々あるの!?って。
ライトくんの"あと3秒"は、どれだけのことが起きるんでしょうね~。
ってことで、今週の37秒間の出来事で考えたこと↓
Nate Riverか。
意外なほどアメリカンな名前ですね。
イニシャルはやっぱりNで。
ミハエルほどのインパクトはないな~。
私は「ニアの本名は絶対ノーマン!」と思い込んでいたので裏切られましたがね。
ニアかわいいけどね。

そのミスター・リバーのノートの小細工なんですが。
この細工は、あのジェバンニが触ったノートが本物であると想定しての細工に見えますね。一応は。表向きは。
ノートの細工を少しまとめてみますと。

1、ジェバンニがノートに触って、死神の不在を確認。

2、ノートの全頁を検証して、魅上氏がノートを使うのはきっちり1日1ページであることを確信。

3、28日の分から先を偽のノートとページをすり替え。

4、魅上氏、そこに名前を書く。

5、でもみんな死なないよ?あれ?

6、ってことで、名前を書かれていない人=キラ決定。

が、今回明かされたライトくんの計画では、

1、魅上氏にニセモノのノートを用意させ、高田さんに本物のノートから割いたページを持たせ裁きを行わせる。

2、ジェバンニの目の前で裁きが起こるようにしかける他、ノートに接触してもらって、魅上氏所有のノートが本物であることを信じ込ませる。

3、ニアが本物のノートだと思ってページをすりかえたノートはニセモノ。が、28日当日、魅上氏が使用するのは本物のノート。

4、ニア以下、SPK、日本の捜査員全員死亡。

5、負けず嫌いで自己顕示欲の強いライトくんは、ニアが死ぬ5秒前に勝利宣言して、敗北感を味あわせてやるつもり。
ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!



というわけで、ココまでは、ライトくんの 計 画 通 り なんですがね。
あ、違う。
今回は、思い通り!ですね。
イヤそれはいいんだけど、どこかライトくんにとっての大きな落とし穴があるんじゃないかと思ってしまうのは、ニアを応援している人の性ですね。
まず、ニア計画の1と2の時点で、ニアがノートに死神が憑いていないと確認しただけなのか、それともノートがニセモノであることを感づいたのか、そこらへんが微妙であること。
それなのに、ニアが「このノートが本物だと思ってる」とライトくんが確信してしまっていること。
うわぁライトくんファンの人は心配でしょうね。
ライトくんのノート計画のことも、こんなページを割いて説明してくれなくても別によかったなぁ~と思う程度のことでした。
それより私はニアが勝つチャンス、負けない方法ってのを同じくらいページを使って説明してくれないかな?とか思いました^^;

それにね、なんと言ってもライトくんはニアを馬鹿にしすぎですね。
ノートの切れ端の検証にしたって、全然ふつーにニアはやりそうですけど。
周囲の人の協力、同意という枷があったLよりも、ニアの方が簡単に検証できそうです。
イヤしかし、ライトくんはL好きなんだねぇ。
でも、ニアのことは、その大好きなLよりもヒドイ…と思ったことが一度あるんですけど、あんまり馬鹿にしてるとだめですよ~。
「だ…駄目だ まだ笑うな…こらえるんだ…」って、そんなツラしてあなた…ニア、真正面にいるんですけど。面白いよ(笑)。

(ところで、ノートの綴り方について。
なぜゆえ差し替えるのはノートの右ページなのかな?と、一瞬思ったんですが、こりゃ普段ノートをふつーに使う生活をしている人には説明するまでもないことですね。
そこらへんのノートをパラパラめくってみればすぐ分かります。
ノートと言うのは、1枚1枚紙を接着しているモノやリングでとめてあるモノもありますが、この死神のノートは、紙を束にして糸で綴ってあるタイプのモノであるようです。
一般的なノートだと、この糸で綴った束が5束くらいあったりします。
この束の1ページ目は、常に見開きの右側なんですね。
だから、間違いなく、疑われることもなく、魅上氏に差し替えたページを使ってもらおうとすると、どうしても右側のページからがイイ!ということだと思います。が、魅上氏の本物のノートが、実は左ページに空きがあってそこから書いちゃった…!ということになると台無しですけどね。。。あ、でもちゃんと右ページに書いてる。
以上、余談。)

そして、もうひとつ。
ライトくんの史上最大の大穴。

ニアが死ぬ5秒前に勝利宣言するつもり…!

って、ええーーー!ヽ(@◇@)ノ
イヤあなた。。。ニア死ななかったらどうするの?(汗)
黙っていられないライトくんは自己顕示欲に負けるってとこでしょうか。。。
ライトくんが自分がキラであると明かさないでいられなかった瞬間は、これまでで3回(…だと思うの。高田さん抜きでね)。
1回目は、レイ・ペンバーにさよならしたとき。別に顔出さんでもよかったはずなのに、何か言ってやりたくて出てきちゃいました。
2回目は、南空ナオミさん。これも別に言わなくてもよかったはずなのに、うまく本名を聞き出せた喜び(?)で、思いっきり言っちゃいました。
そして、3回目はLのとき。これも別に…なのに、思いっきり顔で語っちゃいました。でも、Lは自分が負けたとは思ってなかったと思うよ。うん。
ってか、思う暇なかったかも分からんが、それよりなにより自分の推理の正しさを確信して死にましたよ。
って、それは別に今更力説しなくてもいいんですけどね。はい。

それと、もひとつ気になるのがメロのこと。
メロは、私から見てもなんで?と思うような色々をやっちゃって、意外なほどふつーに死にましたが、これね。
ライトくんにも「大失態」とか言われちゃっててかわいそうなんで、メロの死がもたらすものを考えてみました。
といっても、ひとつしかないけど。。。
それは、ニアが高田さんが裁きを行えるひとりであることを、メロの死で知ったのではないか、ということ。
なにしろ、あのタイミングでメロを殺せる人は、高田さんしかいませんから。
と、同時に、切れ端でもノートを使えるということもバレたかもしれませんね。まぁそれは、この際どうでもいいことかも分かりませんが。。。とにかく、メロがライトに馬鹿にされるのが我慢ならんのよ!
死人に鞭打つようなことをするんじゃありませんよ…!
イヤ、別にそんなことしてないけど(汗)。
ってか、ライトくんのメロ考は、今の時点では誰もが思うことですけど.....(;__)/| ずぅぅぅぅん

ああああ~~ってか、私って。。。
ニアの勝利を祈るあまり(爆)、ニアがあのロッカーに入っていた魅上氏のノートがニセモノだと解っていると決め付けてますけども。
ニセモノだと解っているノートに細工する意味が、なんだか分かりません(汗)。
ニセモノだと知りつつ、あえて細工をして、ライトくん側に「こいつ、あのノートを本物だと思ってるよ…!」と思わせて、それで。。。。えっと、どうするの?ニア(汗)

ってことで、今週はライトくんと魅上氏の面白不気味顔を充分に拝めたわけですが。
なにこの突然のホラーな構図。
小畑画伯、楽しそうですね(笑)。
来週の展開如何では、もっとすごい顔が見れたりするのかもしれませんね~。
楽しみだの。
ニア死ぬなよ。
スポンサーサイト

| DEATH NOTE 感想 | 13:06 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/12-c1d256be

| main |

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。