スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

機動戦士ガンダム00 / 第4話 戦う理由

なんかさ、そんなアホの子キャラだったの? グラハムって。
イヤ知ってたけど。ひょっとしてそうじゃないかなぁとは思っていたけど。
今回もやはりステキでした。
主人公のライバルとして、シャアの流れを組む仮面&赤い機体。
シャアとはちょっと違うのは、通常の三倍だったのは性能より何より、爆笑の度合いだったことでした。



**********************
今日のアレルヤさんも、「マリーマリー」でスタート。
マリーは人格を塗り替えられてしまって超兵になる以前の記憶はまったくないようですが、どうしてアレルヤさんは覚えてるんだろうな。
あ、そこら辺が失敗作なのか。
被検体E57。
ふむふむ。マリーは名付け親だったんですねぇ。


今回はタイトル通り。
それぞれの戦う理由が語られた回でありました。
マリーを取り戻すために戦うというアレルヤに対して、先週あれだけ派手にやっておきながらまだ戦う理由が見つからないというスメラギさん。
さっさと決心しろよー。。。と、思っちゃうのは酷な話ですね。
スメラギさん、ファーストシーズンの終盤で仲間が死んで行ったのは、自分の作戦がまずかったからだーとか思ってるみたいだしね。
エミリオとやらも気になるなー。
この人も、スメラギさんの戦術予報がらみで死んじゃったんだろうなー。
でもね。
そうじゃないから。
みんながみんな、自分なりの理由を持っていて、自分の意志で戦って死んで行ったんですから。
スメラギさんが、スメラギさんだけがそんなに悩む必要はないんです。
そうじゃないと悲しすぎる。重すぎる。

イアンさんと語り合うサジもよかったですね。
この人は、今後どうするんだろう。
このままメカニック的存在になってもいい。。。の、かな?
ルイスを傷つけ、自分を不幸に追い込んだガンダム。
ガンダム憎い!それに乗って人を傷つけたヤツも悪いヤツ!ってなってたサジだけど、実際ガンダムに乗っている人々と触れ合ってみれば、こういう個人的ないろいろを知らされちゃうわけです。
軍隊に肉体改造された人間。
テロに家族を奪われた人間。
ゲリラに仕立て上げられた人間。
イヤになるほど数多の戦場を目の当たりにした人間。
ソレスタルビーイングは、そういう人たちの集まりなわけですが、それを改めて知ったサジは今後どういった感じになるんでしょうね。
こういうこと、ルイスにも知らせてほしいな~。
ルイス、痛々しくて見ているのがつらいのです。
もっともっとつらい方向に流れて行きそうで。。。

ところで、今回ヒドかったライル版ロックオンなんですが。
まぁ…あれだけみんなに「ロックオンロックオン」言われていれば、気持はわからんでもないんですけどね。
フェルト、かわいそうです。
以前のロックオンとライルの間で一番混乱していたのはフェルトじゃないかと思われるので、多少荒療治でもあれは有効だったとは思いますがね。
でも、フェルトよりもアレルヤに知らせてやれよ~。。。と思ったのは、私だけではないはず。
アレルヤさん、「ロックオン、生きてたーーー!!」ってまだ思ってるよ、きっと。。。

それよりなにより、ライルさんは本気で戦う気はあるんだろうか。
ソレスタルビーイングのガンダムマイスターとして。
どうも。。。なんていうか、どうも軽薄でしてね。
ソレスタルビーイングがどうのよりも、今のところはカタロンの構成員としての立場の方が彼の中で重きを占めている気がします。
そのうち、この人にも何かきっかけが訪れるんでしょうか。
なんといってもね、ニール版オリジナルロックオンは、この人の未来のために戦ったんですからね。
ああそうよ。
ライルの生きる未来のために。
ぅぅぅ泣けてきた。
とにかく、ライルはそのことを忘れないように。
知らないだろうけど(涙)。


一方、マリナさまと刹那はいい感じではありますが、恋人ですか?の問いはふたりして全否定。
いいね、この人たち。鈍くて。
しかし、マリナ様、ステキだなぁ。
この人、こういう人がもっと物語の中枢にからんでいろいろやってくれるといいなぁ。
話が飛ぶけど、私も同じようなことを思っていました。
特に、某種とか見てたときね。
戦わないで解決する方法をもっと模索しろよーとかって。
まぁモノがガンダムですから、そんな方法はあってもお話として通用しないってのは分かってたんですけどね。
だから、マリナさまみたいなことを言ってくれる人がいると嬉しくなっちゃうんです。
しかし、刹那は動かず。
一緒に帰ろうという甘い?誘いにも動ぜず。
刹那、ガンダムの主人公としちゃ珍しく迷いがないですよね。
悩んだりしない。
イヤ、ほんとは悩んでるのかもしれないけど。
まぁ今のところは、戦争根絶、ガンダムで世界の歪みを破壊するというはっきりとした目的があるからでしょうけどもね。
今後、迷うことはあるんだろうか。
こんな刹那でも。
実はファーストシーズンでもマリナさまに惑わされてましたね。夢の中で。
もう戦わなくてもいいのよ、とかって。
マリナさまの存在が、刹那にとってどういう感じになっていくのかってのも楽しみであります。
邪魔になるのか、かけがえのないものになるのか。
私としてはもちろん後者希望ですが。
マリナ様、いいよね。ステキだよね。ちょっと年食ってるけどね。
ああ楽しみだわ~。





**************




さてー。最後に。
ミスター・ブシドー! キターーーーー!!!
もう何あの人。
カッコいいんだかどうなんだか、ほんとにどうしたらいいのかわからなくてひたすら爆笑してしまいました。
おかげで、何言ってたのか覚えてない^^;
ほんとにさ、なんか…おかしいを通り越してなんか逆に切なくなってきた。
こんなアホ的扱いでいいの?この人。
爆笑ポイントをひとりで背負ってるんですけど。
ほんとにさ。。。私、この人の一生懸命なところが好きなんだけどな。
ま、今でもある意味一生懸命ではありますけど。。。
ビリーとタッグ組んじゃいなよ。
ミスター・ブシドー。
某ゾロと間違われる前に、違うニックネームを用意してあげてください。。。

ってことで、来週は…なんだろな(汗)。
ミスター・ブシドーがあまりに衝撃的で、次回予告の記憶がない^^;
スポンサーサイト

| 機動戦士ガンダム00 感想 | 22:46 │Comments0 | Trackbacks3編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/212-cfa58ee4
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第4話「戦う理由」 機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第4話を見ました。第4話 戦う理由『誰か…誰か…聞こえる?誰か…』「頭の中に声が響く…」『此処よ、あたしは此処にいる』「此処…」『誰か私の声を…』「君が僕に言ってるの?」「あたしの声聞こえるの?どこ?どこにいるの?」少女・...

2008/10/28(火) 12:11:35 | MAGI☆の日記

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第4話 「戦う理由」 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズは次なる作戦を展開するため、リント少佐を招聘する。カティは、前回のプトレマイオスの作戦を分析し、何かを感じ取っていた。カタロン幹部のクラウスたちはソレスタルビーイングとの接触を図ろうとするが、マリナの行?...

2008/10/28(火) 00:30:07 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

消えたプリンセス ガンダム00第4話ですか?  主題歌はOPもEDもいいんじゃないかな?まぁジンでも「いいよいいよ」って言っちゃう人間なんでアテにはなりませんが。  個人的に最悪...

2008/10/27(月) 21:15:46 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式

| main |

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。