スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

DEATH NOTE / 第104話 答

サラサラと読んだ後、「もう~見てよー」とにこにこして妹にジャンプを差し出したのですが、妹は読後なぜか怒って私をぶちました。
ひどいー。
でも、そうですね。
ぶたれて気づいたけど、そういえば今週もとどめといえばこれ以上ないくらいのとどめでした。
妹のように、まだLを待っている人にとっては。
ま~だ待ってるの?本気?とか、Lヲタはこれだからな、とか、そういうことは言わない方がいいよ。言うと殴られるよ。
私のように(←言った人)。
イヤ、私だってL大好きですよ。
Lがいなかったら、デスノ読んでないですよ(たぶん)。

とにかく、今週もいろんな人の胸を騒がせた104話です。
今回も長いよ。
だって、ニアがいっぱいしゃべってるんだもん。


***


語られる死なない理由。
ってことですが、死なない理由については前回もう語られてましたね。
本物のノートを丸ごとすりかえたからだ、と。
今回は、ニアがいったいいつノートがニセモノだと気づいたのか、そして、メロのおかげ、とはいったいどういうことか。
これがメインだったのですが、そ、そういうことだったのかー!

魅上氏の偶然の奇跡については、初登場時からずっと、過去話まで入れて語られていました。
キラの目にとまって裁きの代行者に選ばれたのも偶然、高田さんをキラの代弁者として選んだのも偶然、高田さんとライトくんの密会中に電話をしてキラとたった一度、直接接触できたのも偶然。
いつだって魅上氏の味方だった"偶然"ですが、今回は思いっきり裏目に出てしまったようです。
魅上氏は、ライトくんが時計の切れ端に高田さんの名前を書いたとき、偶然にも同じ内容を本物のノートの方に書き込んでいたのだそうです。
しかも、誤差1分。
これじゃあ、ライトくんも魅上氏も、それぞれが「自分がやった」と思っていても無理ないです。
さらに、ライトくんは勘違いしていました。
高田さんの死が、魅上氏へのメッセージになる、と。
そして、高田さんの死を知った魅上氏が、偽ノートにも書いてくれるはず、と。
そりゃね、書いてました。偽ノートにも。
でも、魅上氏は本物のノートにも書いちゃったんですね。

うわ~でもこれ、ライトが悪いね。うん。
だってね、言ったもんねぇ。
ずっと見張られてて動けないって、だからおまえがやれって、キラさま言ったもんねぇ(と、魅上氏に優しく語り掛けてみる)。
なんかもう…先週から、魅上氏がかわいそうでならないです。
でもね、まぁ人の言いなりになって人殺しとかするヤツですから。
言われるがまま無数の人の命を奪い、そしてピンチが訪れると、「言われたとおりにしたのに」とかいうヘマな台詞しか出てこない。
そういうかわいそうなヤツなんですね、この人。
あれだけイライラさせられた相沢さんも、まぁこうなってみると軽井沢までの道中でライトから目を離していたこと、これも別に悪くなかったのかもしれないな。
ほんとイライラしたけどね。
ほんとにさ、そんなに伊出さんの隣に座りたいの!?とか思ったけどね。
よかったんだ、これで。うん。

ところで。

ココから先が、今回のメイン。
ニアが言っている"メロのおかげ"。

メロのおかげとはいったいなにかというと、私、これ勘違いしてました。
またまた。
メロは、自分が殺されることでニアになんらかのメッセージを発したのかも…とかって、もうどうしようもなく乙女チックなことを考えていたのですが、これ、もちろん違います。
大事だったのは、メロが高田さんを誘拐することによって、魅上氏が動いたこと。
このことでした。

メロの高田さん誘拐事件が発覚したとき(…というか、最初から発覚しっぱなしだけど)、毎日毎日判で押したような毎日だった魅上氏なのに、いつもとは違う行動をしてしまいました。
いつもとは違う行動=貸金庫に赴いて本物のノートを使用。
今までずっと偽ノートでジェバンニをだまくらかしていたのに、ここへきて突然貸金庫なんかできょろきょろしちゃまずいやね。
さらに、ノート以外のことにはあまりに無防備だったのも、まずかったね。
ノートをごそごそやるために、ジェバンニがロッカーを開けることは分かっていたでしょう。
ってか、むしろやって欲しかったんでしょう。
なのに、鍵やカードをコピーされることまでは考えていなかったのでしょうか。
ジェバンニにも「貸金庫を開けるのは容易でした」とか言われて、魅上氏、もう神と目を合わせることができません。
哀れな。
ともあれ、この魅上氏の謎の行動で、ニアも本物のノートの存在を知ることができたわけなのでありました。
メロのおかげやね。
メロが高田さんをどうにかしていなかったら、魅上氏はおそらく、28日まで本物のノートを手にすることはなかったもんね。
メロー見てるかー。

ところで、メロが偽ノートのことを知っていたのか否かってのは、ほんとに分からないんだけど、ココではもうそんなことはどうでもいいんです。私的には。
大事なのは↓こっち。ニアもメロも大好きだと、こっちの方が大事なの。
ニアもメロも、自分に足りないものが何かってのはちゃんと分かっていて、さらに自分に足りないものを持っている相手のこともちゃんとわかっていた。
ニアに足りないのは行動力。
メロに足りないのは冷静さ。
ふたりが一緒になって、お互いの欠けている部分を補えば、Lを超えることができる、Lができなかったことをやれる、と。
…そんなによく分かってるなら、なんでふたり一緒にいなかったの(汗)。
ロジャーの言うこと聞いてりゃよかったよね~。
意地か。
意地だな。
メロは最初に突っぱねちゃったしね。
意地っ張りでバカなメロ。(゜ーÅ) ホロリ
天国にいるんだか地獄にいるんだか知りませんが、ニアのことを守って。
生きてるうちは意地が邪魔して味方できなかっただろうけど、今ならもう大丈夫だよね。うん。
とにかく、メロカッコいいぞー。
「俺がこうしなければ…」
「俺がやるしかないな」
ニアができなくて自分ができること、自分にしかできないことをやって、あとをニアに託したのですね。
カッコいいぞーうわーん!(涙)

はぁでもさ。
メロとニアがふたりなら…!ってのは、まぁわかりますよね。
2部の最初の頃から、メロもニアも一緒にやればいいのに…って思いましたよね。
それが、「やっぱりそうだよね、そうなんだよね」と、はっきり語られたのが、メロが死んだ後だと言うのが悲しいですね。
ってか、メロがなぜあんな無防備に死んだのかってのは、何の説明もされてませんけど、そこらへんはスルーなんですかね。
まぁ、ニアのこの一連のジャンプらしい台詞は、メロの死後であるからこそ余計に引き立つんだろうけど。
とか言ってると、メロがニアの引き立て役みたいで、ほんとにかわいそうなんだけど(゜ーÅ) ホロリ

…と、ここらへんは、まぁニアメロ好きさんにとってはほんとにシビれる展開なんですが、一方、Lの帰りを待つ人々には、こりゃとどめですねぇ。
Lを超えるとか、Lが敗れたとか。
こんな台詞が出てきちゃうんじゃあ、もうほんとにLの再登場はないですよ、あきらめろよって言われているようなもんです。
まぁあきらめろよ。>妹
おねえちゃんいきなりぶたれちゃって痛かったし。



***



今回は語る語るニアの迫力におされて、まったく喋る機会がなかった神なんですが。
キレました。ふはははははは…!
ここ、ラオウみたいやのぅ、「わが生涯にいっぺんの悔いなし」って天に昇っちゃうのかのぅ、とか言っていたら、また妹にぶたれました。
ラオウ好きなんだってさ。
って、妹のことは別にいいんですよ。
とにかく、開き直った神です。
ここからが恐い。
今まで失敗したことがないライトくん、開き直るとどうなるんですかね。
ってか、ここね。この「うぐ~」って、もうちょっとどうにかならなかったんですかね。
先週からずっとライトくんファンの人たちは落とされっぱなしなんですから、つぐみ氏はもうちょっと思いやりを持ってください。

ライトくんは、自分がキラだと明かしちゃったことで、今度はもうやりたい放題できるんじゃないの?という気がして、相変わらずニアが心配です。
ノートの切れ端、持ってるしね。
しかもここ、シャッター開けたらお外でしょ?
切れ端をお供に、逃走したりしそうです。
ぅぅぅニア、体力なさそうだけど頑張れ。

ってことで、次回は「無理」。
無理か。
神はもうなにもかも無理そうですけどね。
「無理矢理」の無理なんだったら、ちょっと違うかもしれないですね。
ニアー頑張れー。
でも、ライトくんもちょっとだけ頑張れー。
ちょびっとだけでいいから。悪魔的頭脳ふたたびってところを見せてー。
でも、ニアは殺さないでー(嘆願)。
スポンサーサイト

| DEATH NOTE 感想 | 23:13 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/33-a265d4c2

| main |

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。