スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ノエイン / 第12話 タタカイ

やっと見れたー!!
冒頭でいきなりカラスとフクロウの戦闘があったので、あれ?1週見逃したか!?とか思いましたが、もちろん大丈夫でした。
わーい!

でもね!
すごく心配なことが起きましたよ!

アトリが消し飛んだって、どういうことですか?(涙)

うわーもうね、文字色変えて心配しちゃいますよ。
今度こそ、今度こそこれでご退場なんでしょうか。
うわーそしたらさ、もうノエインを見る上での大きな楽しみが減っちゃうんですけど…!!

まぁいいや。
少し落ち着いて、12話の感想にいってまいります。


***


ハルカパパこと黛博士が登場。
電話の声だけですが。
来週楽しみにしてるね…ってことは、来週登場するんでしょうか。
ってか、男の同士の喧嘩ってまぁそんなもんですよね。
ちょっと殴りあいでもすれば、結構スッキリするもんで。小学生だしね。
でもね、喧嘩しそうなのは小学生の男の子じゃないんですよ。
27歳の、未来から来たヘンな人たちなんですけど。。。
お父さんにそこらへんのことは言わないんですね。
ハルカちゃんは、自分のお父さんが何してる人なのか、イマイチ知らないのかな。
でもまぁ6年生だもんね。
自分の父親が何の仕事をしているかってのは、自営業のお家でもない限りは結構大きくなるまでよく知らないもんです。
今の子はどんななのか知りませんが。

ヤキモチユウくんに冷たくあしらわれつつも、一生懸命カラスを探すハルカですが、もう始まってました。
カラスVSフクロウ。
戦闘シーン、ど迫力っすね。
絵も突然劇画ちっくな線画でステキです。が。
やっぱり切ないなぁ。
ユウと一緒に東京の中学に行こうかなぁ~なんて、漠然と考えている藤原くん。
このふたりを見ていると、この死力を尽くして戦うカラスとフクロウが大変に切ないです。


***


カラスを探す途中で、色んな時空の自分を見るハルカ。
これが、内田ちゃんが言っていた6の目が出た世界ですね。
時の放浪者が言ったお言葉はちょいと色んな解釈ができそうなんですが、これってハルカに見えたから現実に変わるってことではない気がします。
占いなんかする人は、未来が見えるけどもどんな不幸な未来でもそれはもう動かしようがなく、どうしようもない。。。はずなんだけど、そこで龍のトルクがまた重要な位置を占めるわけで。
ハルカは自分の望むモノを、別の時空から持ってくることができるんですよね。
前に、カラスが壊したダムを別の壊れていないダムに置き換えたように。
ふむ。
だから、ハルカに別の時空が見えたからと言って、それだけでそれが現実に、この時空の出来事と取って代わるってわけじゃないような。。。ああ~また何言ってるか分からなくなってきた(混乱)。
ふうむつかしい話が多いですね。最近のアニメは(汗)。

今週もやっぱりトビがかわいかった件なんですが、この人も大変ですね。
アトリの暴走を止められず、カラスとフクロウの戦いも見るに耐えない。
おまけに、愚痴を言う相手もいなくて、ユウに向かって独り言のように喋ってます。
なんか哀れだ(゜ーÅ) ホロリ

ああ~~ぅやっぱりアトリはいなくなっちゃったみたいですね。
淋しい!淋しい!淋しい!
フクロウがいなくなっちゃったのも淋しいですが、問題はアトリです!
あんなステキな姿を見せてくれたというのに、ほんの数分でカラスとフクロウのタッグに破れてしまいました。
イヤでもやっぱり!ここはフクロウです…。
どんな話でも、誰かが誰かの前からいなくなってしまうのは切ないです。
「目を覚ませ!ユウ!」って…結局これが、友達としてカラスにかけた最期の声になってしまいましたね。

「未来だって、違う世界だって、ユウとイサミは友達。未来のアイだって、自分の友達」
そうだのぅ。
この時空でのユウと藤原くんは、違う中学でも、函館と東京でも友達は友達…!って言っていたのに、同じ時空に住んでるフクロウとカラスはこんなことになってしまいました。
せ、せつない(汗)。
でもね、ハルカの上のお言葉で少し頭が冷えたんでしょうか。フクロウは、カラスに和解の言葉をかけました。
自分もハルカを守るために協力する、と。
フクロウ、いいやつだなぁ!
…とか思ってたのに。思ったのに。
思ったら、仮面の人「ノエイン」にフクロウは消されてしまいました。
「君に伝えたいことがあるんだ。未来はね…変わらないんだよ…」
ってことで、結局ハルカの見た未来の通りになってしまったわけですが、このノエインさん、一体ナニモノ?
なんかね、ノエインの声が中井和哉さんの声な気がするんですが、そうすると、別の時空でのカラスだったりして、とか思います。はてさて。

もうフクロウのお話を聞くことはできなくなってしまったわけなんですが、カラスが正しいんだとしたらいったいなんなのでしょうね。
途中でお話をやめちゃったんで、分からないんですが。。。
この時空もあの時空も、どの時空のハルカも自分たちのハルカに通じている。
だから自分はどのハルカも守る。
これが正しいんだとしたら…うーむ考え出すときりがないので、やっぱりやめよう(汗)。

それと、アトリ。
これでほんとにアトリがご退場なんだったらば、なんで、どうして、アトリが龍のトルクを危険だと考え消そうとしていたのか、これもうやむやになっちゃう気が。。。
そこらへんは、トビが説明してくれるかな?
ってか、力が強すぎて危険だから、って、それだけなのかな?
うーむ。


函館の街から立ち上るアオイユキを見たアイと藤原くん。
うわ…ここ、うるうるしちゃいました。
「アイ…お前にもう一度…」
藤原くん。別の時空の藤原くんは、こんな言葉を残して去りました。
そして、また別の時空の藤原くんは、アオイユキになった未来の自分を見ながら、隣に立つアイの涙をぬぐうのでありました。
そして、鐘が鳴る。
フクロウの死を悼むかのように。
うう…泣いちゃった。今書いてても泣いちゃう(←とってもバカっぽい)。

ってかね、ここでアトリがほんとにご臨終なんだったらば、ほんとに残念なんですが…。どうしよう(T.T )( T.T)おろおろ

まぁ私がおろおろしたところでどうしようもないので、しょうがないですがね。。。
アトリがいなくなったノエインは、面白さ23%減ですよ。微妙な数字ですが。


***


ところで、このお話で一応は年越しすることになったんですよね。
私は、昨年の最後の放送を見れなかったので今見ていたのですが、この状態で年越しってなんかすごいな。

カラスも死は免れたものの重症なようだし、来週は…ってか次回?明日見るけど、どうなってるんでしょうね。
予告を見る限りでは、どうもトビが助けてくれるみたいですが。
コサギはどう出るんでしょ。
ああ書き忘れてたけど、コサギってかわいいっすね。
カラス大好きなこと、バレバレなのに素直になれないみたいですクスリ。

フクロウもアトリもいなくて、それから忘れがちなあの大きい人もいなくって、トビとカラスも出奔したまま。
ラクリマに残った鳥さんは、コサギとクイナだけになっちゃいましたが、この人たちもどうなるんでしょうね。
クイナは、ノエインに篭絡されているようでしたが、さてどうなるかね。
楽しみにしていよう。明日まで。
スポンサーサイト

| ノエイン 感想 | 23:48 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/40-86150490

| main |

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。