スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

GUDAM SEED DESTINY / FINAL PLUS

これはあれなんですね?
私、例によってなんの予備知識もなく、ただ「どうやらデスティニーのスペシャル番組がやるらしいぞ!」という情報のみしか知らなかったので、いったいどんなもんなのか全然分かってなかったんですが。
要するに、あの最終話の焼き直しってことなんですね。

あれは、それほどまでに不評だったんでしょうか。
私、結構好きでしたけど。最終話に関しては。
番組全体を通して言えば、色々不満というか、不思議なことはありましたが、それは一年間連綿と続いていたものであって、最終話だけやり直されても…とか思っちゃったりなんかもしました。
新しいカットなども追加されていたようですが、もうなんだか忘れちゃって(汗)。
どこが変えられていて、どこがどうなったのかってのは、ほとんど分かりませんでしたが、はっきり分かったのは、イザークが勝ち組だってこと(笑)。
ラクスさま付きですか!
なんなのあの人! 最後まで面白い人(笑)。


***


だからね、この焼き直しに関しては、最後の5分だけで充分でした。
これで終われる。
これでデスティニーは面白かったと言える…ああそこまで言うと誉めすぎだけど。
でも、キラのこの一言で、シンと共に私も救われました。

「いくら吹き飛ばされても 僕らはまた花を植えるよ。きっと。一緒に戦おう」

そうだよ。これが足りないといえば、足りなかった。
この、シンとキラの握手。
これがないと、シンが終われなかったんですよね、そういえば。
だから、シンだけ中途半端なびみょ~~~ぅな救われ方で、かわいそうだったんですよ。

いつだって諦めていたシンが、初めて前向きに平和を守ろう、戦おう、と決めた瞬間であります。
カガリの言葉も、アスランの言葉も、色々揺れながらも素直に受け入れられなくて苦しかったシンですが、これでやっとシンの戦争も終わったわけですね。
これからは、守るための戦い。
今までだって、シンはステラやルナを守りたいと思って戦ってきたはずだけど、それは今思えば違ったわけです。
どうせ黙っていたって戦いは起こる。ならば、こっちから戦わなければ、やられるだけだ…!
どうせ花を咲かせても、いずれ誰かが吹き飛ばす。ならこっちから吹き飛ばすだけだ…!
そんな感じのシンだったんですけども、今後は変わるんでしょうね。
そういうシンの変化の過程…というか、変化しようとするまでを見られて、まぁよかったんじゃないでしょうか。
まだ無残な傷跡が残る慰霊碑の周囲に、少し花が咲き始めているところが、芸が細かいなと思いました。
どんな焼け跡にだって、いずれ花は咲くのです。
あれはシンの心に咲いたお花。
そう思うことにしますよ。

そして、問題の?アスランとメイリンの帰り道なんですが。
なんですかあれはー!!
こんな最後の最後で、またなんだかよく分からんことをしましたよ、この人たち。
どこに帰ったんだいったい(汗)。
ってか、ほんとにアスランはどこに行くの?
オーブにいるの?
それとも、ラクスさまと共にプラントに行ったの?
イヤアスランもイザークと一緒にラクスさま付きになりなよ。
赤服着なよ…!
そんなわけわからんキラとお揃いの服なんか着なくていいよ!!
まったく…この人、最後まで辛気臭かったっすね。トホホ。

ああ~~アスランに関しては、不満だった。そういえば。
…というか、今回の焼き直しのせいで、また新たな不満が起こりました。

カガリに抱きついていたのは、まぁOK。
いいですよ。指輪ははずしても、カガリはアスランにとって大事な人だと思うのです。
カガリの存在は、アスランにとって特別。
だから、あれが別れのぎゅう。
大事だけど、もう会えないから、ぎゅう。
よしよし。うんうん。
ってかね、私、SEEDのときはアスランとカガリのカップルが大好きだったんですよ。
アスランにはカガリがいてよかったなぁ!って。
でもね、デスティニーに入ってからは…。
なんだろう。
お互いに向上できなくなっていて、すごく見ていて面白くなかったんですよね。
一緒にいても、色んな意味でプラスになることがなくて。
カガリはともかく、アスランにはカガリの存在はない方がいいような気がして。
カガリの傍にいたって何もできないし、だったらば、議長の言うことでもなんでも聞いちゃって、プラントに戻った方がいいよ、と思っていたのです。
実際戻ったときは、大喜びだったんです。
だからさ、別に今回だってオーブに戻ってなくてよかったんだよ。
ラクスさまのお隣で、赤服着てりゃよかったんだよ。
赤服のアスランが一番好きなんだよ私は。
何回も言いすぎだけど、アスランはなんでもいいから赤服着てりゃいいんだよ…!!

それともうひとつ。
あの、なんだっけな、あそこのシーン。…もはや、なんだったか思い出せないんだけど、あの議長最期の場面ね。
そんなさりげなく何気なくあの場面に参加したんだったらば、あそこでレイやタリアさんに言いなさいよ。議長はともかく。
「生きる方が戦いだ…!」って、言いなよ~!
あなたも、このレイと同じような立場のときに、カガリにそう言われたでしょう。
言われて助かった命でしょう。
うん。
今更だけど、私、やっぱりレイには生きて欲しかったかも。
タリアさんは、まぁいいです。
議長と共に終わる命で、まぁよしよしでしょう。
でも、レイはな~。
レイにはやっぱり生きて欲しかった。
ラウじゃない人生を、少しだけでも生きて欲しかったですよ。。。

あ、それからね、オープニング。
なんだよまったく。
最初からこうしてればよかったじゃないの!
ケミストリーなんか、紅白でも違う歌を歌ってましたからね…!
それ関係ないけど。西川さんも、違う歌歌ってたけど。
※それは今年…じゃないや(汗)、昨年から紅白のシステムが少し変わったからです。スキウタです。みんなの投票で好評だった歌を歌っていたらしいのです。私としては、いつもよりも楽しかったですよ。うん。それに、私は別にケミストリーが嫌いなわけではありません念のため。ケミストリーって綴りがわかんないけど、嫌いなんじゃないですよ。あのオープニングがあまり好きではなかった、と。それだけですから。これも念のため。


と、まぁ、そんなわけで。
もうデスティニーの感想は、これでおしまいですね。きっと。
DVDでも出たら、またひょっこり顔を出すかもしれませんが。

次のガンダムはどんなでしょうね。
SEEDシリーズ三作目のウワサもちらほら聞こえてきますが、私はそろそろ違うガンダムを見たいな~。
アスラン出て来なくてもいいから(笑)。

デスティニーの感想を見にきてくださった方々、次のガンダムでまたお会いしましょうね。
その頃まで、このブログを続けていたら…の話ですが。Ω\ζ゜)チーン


スポンサーサイト

| GUDAM SEED DESTINY 感想 | 23:40 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/42-6662f866

| main |

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。