スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

GUNDAM SEED DESTINY / 最終話 最後の力

「逃れられないもの、それは自分」
シン、レイ、タリア艦長、そして議長。
誰もが「自分」に回帰してのラストでした。
一番イヤだな~と思っていた「議長を倒したらもう全部おしまい」ってラストではありましたが、レイや議長にも救いがあって欲しいという願いは届きました。

でもね!
またしても文句言っちゃうけど、コレが「レイ」じゃない?
コレが先週の「レイ」で、もう1話あってもいいんじゃない?
なんかね、これで終わりって言われても、なんか…なんか…この気持ちをどうすれば?やっと盛り上がったこの気持ちを…!?って感じですよ(汗)。
ああ~私ときたら、最後まで文句です(T▽T)アハハ!

イヤでも、先週ほど「もうまとめに入ってる…淋しい…」って気持ちはなぜかありませんでした。
最後の最後で、突然楽しくって。
もうすでにキャラそれぞれの着地点が見えていましたが、今週はまだ見えていなかった人たちの華麗な着地の数々でした。

まず、レイ。
「俺はラウ・ル・クルーゼだ」
イヤハヤコレ、レイがかわいそうで泣けてしまいました。
「君もラウだ」という議長のお言葉に、レイはひそかに傷ついていたんじゃないかな~。
議長のひとことで、レイの「自分」はずっと殺され続けていたんじゃないでしょうか。
だから、命は何にだってひとつ。レイのその命はラウじゃない。というキラの言葉が、議長の呪縛からレイを自由にしたんだと思います。
言葉の呪縛から解き放つために必要なのは、やはり言葉でした。
その前からのキラとレイの対話、かなりステキでした。
キラの成長の跡が見えて。
クルーゼを前にしたときは、結局言葉では勝てずに力で勝ったキラですが、今度は違いました。
今度は最後までちゃんと言えた。
「それでも僕は…!」のあと。
前作では、「守りたい世界があるんだ!」でしたが、今度は「人間だ!」でした。
その人がその人であることが大事、と語り続けていたラクスさまのお言葉がよみがえります。
議長に自分を殺されていたレイは、キラに言い返す言葉がありませんでした。
そして、呪縛から解き放たれて、レイがレイ自身に回帰してやったことは、キラの明日を守ること。
議長を殺すことで、キラの明日を守り、殺されていた自分自身を取り戻したのだと思います。
って、そんな言い方したら議長がかわいそうですが(汗)。

レイの最後のお言葉は、「おかあさん」。
うわ~~そう来たのね!
最後のニセモノ家族。じーんとしました。
ニセモノだけど、ほんとの家族。
レイは、「本物が正しいとは限らない」と言ったことがありましたね。
議長&タリア&レイのこのニセモノの家族は、血の繋がった家族ではないけど、レイにとっては本物の家族でしょう。
よかったね!レイ!
って死んじゃったのに、よかったね…!ってのもなんか変ですが(汗)。

そして、議長を救うのはラクスさまであって欲しかった気もするんですが、違いました。
やはりというか、なんというか。
タリアさんでした。
このふたりの会話、最後までよかったですねぇ。
タリアさんは、艦長であるよりも母親であるよりも、女としての自分を選んだのですね。
母親に突然女になられちゃ子供としてはちょっと迷惑なんですがね(汗)。
でも、ステキでした。
「会ってやって」と子供を託して、もしかしたら本当になっていたかもしれないニセモノの家族に回帰しての最期です。
最期までステキな人でしたね(゜ーÅ) ホロリ
しかし、こうなると、議長がやってきた色々は単純に「タリアさんにかまってほしかっただけ」とも見えます(汗)。
よかったね議長!
永遠にタリアさんと議長は一緒です。

最後に、シン。
すごくよかったです。
最初の印象では、「なんかシンとルナが宙ぶらりんだなぁ」なんて思いましたが、ステキなラストですよ。
死んでしまうかも…とも思っていたので、生きててくれただけで大満足ってのもありますが。

ここでも、シンを救ったのは言葉でした。
イヤ、レイに比べると、救われ方があまりにちょびっとで、ちょっとかわいそうでしたが(汗)。
でもね!
アスランのお言葉、やっとシンに届いたんじゃないかな。
「未来まで殺す気かお前は!」
ってことで、アスランの勝利も祝いたいですが(笑)、ここはシンですよ。
アスランの物語は、キラと再会したところで終わったと思うので。

色んな感情がない交ぜになったシンの号泣姿に感動しました。
あの涙の解釈は色々あるかと思われますが、私は概ね安堵の涙だと思います。
ルナが最後まで元気だったことと、オーブが守られたこと。
これでシン自身も救われたんでしょう。
そして、守りたいと思いながらも守れなかったステラ。
なんでココでまた裸通信?とは思いましたが(汗)。
でも。
「明日…明日ね」
記憶が消されちゃうことで昨日を持ち続けることができなかった、明日しかなかったステラに、「明日」を教えてもらって、目が覚めると目の前にはルナの顔。
ルナがシンの明日なんですね。
ステラやマユは昨日、明日はルナ。
なんかいいなぁ。
ほっこりです。にこにこです。
シン&ルナの新しい明日に幸多かれと祈らずにいられません。

そして、最後の「♪きみの~す~が~た~は~」。
懐かし場面の連続でしたが、やっぱりステキでした。
登場人物の誰もが誰かに似ていて、それでいて他の誰でもない。
大事なのは自分が自分自身であること。
これを見た子供たちが、自分の目標や方針をしっかり持って、ガッチリ自分の人生を歩いてくれるといいですねぇ。
って人のこと言ってる場合じゃない。私も頑張ります(汗)。

※※※

さて。
1年間観てきたわけですが、イヤ色々突っ込みどころが多かったですね(汗)。
最終回に関しては、かなりの満足度なんですが、なんとも惜しい部分も実は結構たくさん。
一番大きな「惜しい!」は、ルナ。
色々とオイシイ立場だったのに、どうも活きなかった。
ま、最後の最後で、やっとアスランとシンのことを誰よりもよく見ていたっていう立ち位置が活きたと思いますけどね。
メイリンちゃんのこともあったし、もうちょっと面白くなってもよかったと思うんだけど、なんかわりとふつーでした。
ちょっと残念。

それから、ラクスさま。
ラクスさまと議長の直接対決がなかったのが残念。
ま、ミーアの演説中に割って入ったのが、事実上の宣戦布告、議長に対してのアピールだったわけですが、それ以降はほとんどキラ任せでした。
議長も、ずっとラクスを意識していたのに。ちょっと残念。
ってかね、ラクスさまって、前作のときも最終回でいきなり扱いが雑だったんですよね。
「戦うべき相手は誰?ほんとうの敵はなに?」って、ずっと他人に問いかけていたラクスさまが、ほんとの自分が戦うべき相手を見つけた瞬間にSEEDは終わってしまったわけです。
が、今作ではわりと早い段階でラクスさまの本当の敵が見えていました。
だから、今度は、「何と戦うべきか」ではなく、「どう戦うべきか」ってのをラクスさまにもっとはっきり示してもらえるとよかったんだけど。。。
それに、天然おとぼけラクスさまをもっと見たかったな~。

そして、アスランとカガリ。
このふたりは、あの、あれで別れたの?
指輪をはずした時点で、もうお別れだったんでしょうか。
「夢は同じだ!」って、前向きに一時離別なんだと思っていたのですが。。。
アスランは、今後どうするんでしょうね。
ザフト大好きな私としては、アスランにはぜひプラント再建に力を尽くしてもらいたいです。
イザークやディアッカと共に。
ってか、↑このふたりの今後もちょっと心配です。
「あれはザフトの船だ!」って、そんな無理矢理な理屈でエターナルを守っちゃって、軍での立場は大丈夫なんでしょうか。

あ~やっぱりちょっと後日談が欲しいな。
色々消化不良な感じです。
いえ、尺が足りなかったとは言わせませんよ。
足りなかったのは尺ではなく、監督や脚本家を含めたスタッフの力量だと思(以下自分で強制的に略)。

とにかく。DVDの特典映像を楽しみに待ちたいと思います。

というわけで。
色々不満が多かったりもしましたが、お話全体としてはまぁよかったんじゃないの?って感じです。
こりゃすごいモノ見ちゃったな!的な、金字塔的な想いはないですが。

運命対自由。
ニセモノ対本物。
力対言葉。
すべてにわたって勝利を収めたのは、キラたちアークエンジェルではありましたが、敗れた側にも救いはありました。
勝ったわけでも負けたわけでもない主人公のシンだけが、ちょっと微妙ですが。。。
ま、いいです。
自由には勝利を、運命には未来を、ってことで、ま、いいか。
そうです。
この1年の感想は、超簡単に言うと、「ま、いっか」。
そんな感じです。

で、次は何?
タリアのコドモが主人公ですか?(そんなバカな)
あまり期待はしてませんが、続編をやるというのなら観ますよ。
次も頑張りますよ!(…って、イヤ私が頑張らなくてもね、いいですね;)

イヤでも楽しかったですね!この1年。
みなさま、お疲れさまでした<(_ _)>


このblogは、デスティニーの感想を書くために開設しました。
以来、7ヶ月間。
毎週感想を見に来てくださった方、ありがとうございました。
トラックバックを送ってくれた方、コメントを残してくれた方、どれもこれもとても楽しく嬉しかったです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

| GUDAM SEED DESTINY 感想 | 20:29 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/77-0de6fc46

| main |

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。