スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

GUNDAM SEED DESTINY / 第46話 真実の歌

楽しみにしていたラクスさまVSミーアですが、結末は悲しいものでした。(゜ーÅ) ホロリ

※※※

先週あたりからやっと舞台が宇宙に移って喜んでいるのですが、議長はやっぱりコワイです。
巷の噂では、議長が見ていたデストロイのデータ、あれと一緒にレクイエムの情報も載っていたらしいですね。
議長さん、やっぱり知ってたんじゃん。。。
こうなることを知っていて、それを利用して自分の理想を実現させる、と。
怖いな~。。。
デスティニー計画、順調に進行しておるようです。

そんな中、AAは、情報収集と称して息抜きに来てたみたいです。なにやってるのあなたたち。
アスランとキラの対話が、なんかもうすべて終わった後でまとめに入ってる感じで、ちょっと腹立たしかったです。
あんなことが起こってしまったのに、そんな語り合ってるヒマがあるんですか。
でも、アスランがシンのことをキラに教えてあげてよかったなぁ、と思いきや。
キラさま、解ってるんだそうです。
シンもまた平和を求めるひとりであることを。
…ほんとかな(汗)。
フラガとマリューさんもイイ感じに息抜きしてます。
まったくもう。。。なにやってるんだ。遊んでる場合じゃないよ!
あ。
でもね! あの、連合の強化人間三人組、あの人たちがやたらとフラフラ出歩いてたのはそういうことだったんですね。
ロアノーク大佐が、息抜きをさせてあげていた、と。
なんかね、私、フラガよりもこの人のほうが好きですなんとなく。同じ人だけどさ。
イヤでも、なんでこの人たちだけこんな平和なんでしょう。。。
ラクスさまもね、そんなお買い物してる場合じゃないし。かわいいけど。
ってか、コペルニクスってなに。
中立地帯か何かなんですか?
あのぅ…前から思っていたんですが、公式ガイドブックや何かで物語や細かい設定を補完するのはやめてほしいです。
私、本放送の他はあんまり見てないんで、色々わかんないんですよねトホホ。

そして、リゾートっぽいホテルで落ち込み続けているミーア。
アスランの言葉(議長に殺されるかもしれない)に怯えている上に、自分が民衆が求めているラクスとは違うことに気づかされちゃいました。
ラクスは常に正しく、民衆のために共に戦場を駆けることもできる、そうでないならウソである、と。
そんな言葉に追い詰められ、ラクス暗殺計画に引き込まれてしまいました。

イヤしかしちょっと話が逸れるけど、田中理恵さんってなんかとってもスバラシイですね。
ここのところのミーアのね、ちょっと音程がはずれた小さな歌声とか、ミーアの心情を物語ってますよね。
ほんとウマイ。
この人って、確か前作のときも「歌いましょうか、ハロ…」(byラクス)の後にステキなアドリブを入れたりしてたんですよね。ほんとに歌っちゃうという。
あの時もスバラシかったです。笑いましたが。
それに、ミーアとラクスの演じ分け、とっても大変だったと思います。
同じ声なんだけど、なんか違う。
違うんだけど、でも、まったくもってそっくりな"似てる"声ってすごく難しいんじゃないかな~。。。

ってことで、話を戻しますと。

「偽りの名を名乗るということは、その存在すらも偽りである」
そう言った議長に、偽りの名を貰って偽りの存在として利用されたミーア。
それでも、ラクスの代わりに役に立てるのならニセモノでもなんでもいい、と言っていたミーア。
いつしか、ニセモノの自分にほんとの自分を乗っ取られていたミーア。。。
そんなミーアが、ついに本物のラクスと対峙するときがやってまいりました。
ラクスさま、ステキでしたね。
本人目の前にして自分がラクスであると強硬に主張するミーアですらも、包んでくれました。
名前も姿も欲しけりゃあげる。でも、それはほんとのラクスではなく、人は他の誰になることもできない、と。
ミーアの夢はミーアにしか歌うことはできない。それを他人に利用されてはいけない、と。
ミーアの夢はなんだったかというと、ほんとの、歌で人を魅了して民衆のために戦場を駆け抜けるラクス、人の役に立てるラクスだったはず。
そのことに気がついて、ミーアは本物のラクスを守って最期を迎えました。
ココで本物が殺されていたら今までどおりラクスとして活動できたかもしれないけど、ミーアにはそれはできませんでした。
ラクスが死んでも、自分はほんとのラクスにはなれない。
ミーア・キャンベル以外の何者にもなれない。
だから、あの写真を見せたんでしょうね。
ほんとのミーア・キャンベルを、憧れのラクスさまに覚えていて欲しくて。
自分がラクスになるためならなんでもいい、顔も名前も変えて憧れのカリスマとしてなんでもやる、そんなミーアが、ミーア・キャンベルとして、ラクスを守って死にました。
この作品のテーマである偽りと真実、この偽りの部分を体現するヒロインだったミーア。
アスランもラクスも、ミーア・キャンベルの最期の、真実の歌を忘れることはないでしょう。
ハロは忘れるかもしれないけど(汗)。

イヤハヤしかし、ここで「君のす~が~た~は~♪」って。。。うわーん泣いちゃいました。
最近あまり泣かないんですが。

ところで、フラガ。
キラに威張られてちょっと面白くない顔してますが、「ムウさん」と呼ばれることはもうどうでもいいみたいです。
この人もね、なんだかどうなるんでしょう。
ニセモノラクスのミーアはこんなカタチになってしまいましたが、ニセモノと本物が混在するこの人の場合は、どんな結末が待ってるんでしょうか。

それから、最後にシンルナ&レイ。
シンは、レイや議長の言葉の魔力から抜け出すことはできるんでしょうか。
んもう~アスランが口下手だから…!!
もうちょっと上手く喋ってくれたら、シンだって解ると思うんだけどな。議長のアヤシサが。人が夢も希望も持つことを許されなくなる未来のことも。
そして、ルナはルナで、考えることを放棄した模様。
ま、今の段階では、メイリンが生きているかどうかとか、アスランが生きて何をやってるかとか、考えても仕方がないですもんね。
ついでに、先週大活躍の大成功だったせいか、射撃の練習も放棄した模様。
まぁルナはね、とにかく生き残ってシンを守ってあげてください。
シンは守る守る連発してるけど、誰がシンを守ってくれるかというと今はルナしかいないんですよね。
アスランはAAに行っちゃったし。
頑張れルナ。
そして、仲良しなシンルナを見ているレイが恐かったっす。
ルナはなんとなくレイの視線を避けてるみたいでしたね。。。恐いよレイ。

ってことで、来週は「ミーア」。
予告はまるでミーアのプロモみたいでしたが、なんでしょうね。1枚のディスクって。
ココでミーア視点の回想だったりしたらどうしよう!…って、死んじゃったからそれはないと思いますが(ノ_・、)シクシク
ってか、ご臨終キャラだけが名前のみタイトルになれる(「ステラ」とか)とすると、2話ぐらいあとに控えているあのタイトルは。。。うーむ。。。
まぁそのことはあまり考えないようにしよう(汗)。
スポンサーサイト

| GUDAM SEED DESTINY 感想 | 01:16 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/90-e4023beb

| main |

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。