スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

DEATH NOTE / 第105話 無理

今週は、ライトくんとニアの弁論大会でしたね。
僕が正義だ。そりゃそうかもしれんが私も正義だ。
うんうん。
でも、今更ライトくんがこんなことをまくしたててる理由が分かりません。
ついでに言っちゃうと、私はライトくんが嫌いですが、ライトくんの何が嫌いかというと、顔が嫌いなんです。
この顔で、自信満々なことを言われると、イライライライライライラしちゃうんです。
ココ2,3日で気がつきました。
というわけで、今週もライトくん派の人は読まないほうがいい感想。



***



この乱れた世の中で、いったい何が正義で何が悪なのか。
これはもう~私には分かりません。
片方が正義ならば、もう片方にも別の方向の正義がある。
もともと相容れない存在なのに、お互いを飲み込もうとするから、争いが起きたりなんかしちゃうんだと思うんですけど、ライトくんとニアの場合も同じですねぇ。
話し合いで解決できるチャンスは、最初っからまったくありませんでした。
分からないやつは、しゃかしゃか消しちゃっておしまいであるはず。
なのに、今更噴火したかのごとくニアの前でまくしたてるライトくんが、なんだかよく分かりません。
「言ってもわからぬ馬鹿ばかり…」
って、そんなこと最初から分かってるでしょう。
分かってもらおうとして演説したわけではない、はず。
なのに、こんなことをくっちゃべる理由は何かというと、時間稼ぎとか色々色々諸説ありますが、私は、一番の理由はそりゃもう解き放たれたから、だと思います。
自白して、すっかり心が解き放たれています。
こういうこと、もうずっとずっとずーーーっと言いたかったんだろうな~。
聞いてくれる人、リュークしかいなかったもんね。

ライトくんの言い分は、まぁ立派ではあります。
世の中を正しい方向に導きたい。
悪を退け、善が大手を振って歩ける世の中を作りたい。
うん。それはいいんだけど。
でも、人を欺くのはいけない。
どんな理由があっても、善を欺く行為は、神としてはやっちゃいかんと思うよ。
ライトくんを信じて、その上欺かれて死んでいった人というと、第一に浮かぶのが夜神パパ。
そのパパと共に、ライトくんを信じていた松田さんなんかは、もう。。。ダメよね。
神だー神だーって、いくら言われても、ダメよね(汗)。
どうもね、この相変わらず面白いポーズとともにライトくんのお話を聞いたせいか、なんか…なんかすごくライトくんがカッコ悪くてしかたないです。
これだけ何人も何人も何人も殺しまくって言うことはそれだけか、みたいな。
ライトくんの台詞があまり重く響かないのは、何がいけないかというと、やはり自信満々すぎて滑稽に見えちゃうからなのかもしれないです。
ついでに、ちんまいところで突っ込ませていただくと、ライトくんは、自分が別に選ばれたわけじゃないこと、忘れちゃったのかな?
選ばれたって、誰に選ばれたの?
…まぁいいや。
次いこう。

ライトくんのお言葉をありがたく静聴していたニアなんですが。
演説が一段落したところで、反論開始とともに、ライトくん撃墜。
あんなに全身を使って一生懸命語っていたのに、
「ただの人殺しです」
このひとことで撃墜です。

が、ニアの偉いところは、ライトくんの正義を否定していないところ。
その上で、自分にとっての正義を語っています。
カッコええの。
私がニア好きだとかなんだとか関係なく、このニアはカッコええと思うのです。
ニアは、ライトくんはライトくんの考えた正義を行っていると認めたうえで、自分は自分なりの正義を行う、と断言しておるのです。
カッコええよー。
人の言うこと聞いてその通りにしてる方が楽ちんだと思うけど、ニアはそうしないんだそうな。
カッコええなー。
でも、私は真似できんわ。
カッコええとは思うけど、自分にはできんな~。
もし私がデスノ界の住人だったら、「キラって自分も人殺しよね!」とか言ってテレビ見ながらおせんべい食べてます。
私って、そういう人です。
全体的に情熱が足りないんです。
って、なんだそりゃ(汗)。

とにかく、ライトくんも、馬鹿ばっかり!とか言ってないで、他者を認める気持ちを持たんといけんよ。
認めることをしないで、ひとりで神だー神だー言ってると、ほんとにただの面白い人に見えちゃうよ。
ついでに言うと、人のことをバカって言う人は、実は自分が一番バカなんだよ。
これって、まるで幼稚園児の理屈ではあるけど、なかなかほんとのことだと思うんだよ。
ライトくんのことを見ていると、ほんとにそう思うんだよ。

ところで、その他の捜査員たち。
この人たちも、自分の正義に従ってキラを敵とするわけですね。
ニアに味方するとかなんとかではなく、ライトくんの話もニアの話も聴いた上で、キラを捕まえることが正義と考えている顔なのですね。
それでいいんですね(確認)。

それから、存在を忘れそうな魅上氏にも何かひとこと言ってあげよう。
神の神宣言を聞いたのに、平伏とかしなくていいの?
それだけ(汗)。



***



もうこれから先の展開はまったく分からないのですが。
元々分からないのに、こんなことになったらもうお手上げですよ。
見守るしかありません。
が、気になるのがやっぱり時計。
時計ー時計ー!
しかし、これ何時?
2時かな?
一瞬、7時半に見えちゃって、こいつらいったい何時間…とか思いました。
ご対面開始から1時間ちょっと経過してるんですけど、ライトくんはまたナニかするのかな~。
してくれると面白いな~。
でも、ニアは殺さないでー。
もひとつ追加で、リュークは何してるのかな。
姿が見えないのが気になるんですけど。

ってことで、来週は「殺意」。
ニアを殺さないでー殺さないでー(重ねて嘆願)。
スポンサーサイト

| DEATH NOTE 感想 | 00:25 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/92-01c13193

| main |

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。