スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

獣王星 / 第2話

ラダがメガネくんになってるよ…!
面白いけど、それって意味あるのかな(汗)。
ラダの素性って、どんななんだっけ。
ってか、ラダってキャラは、何かそういう設定があったんだっけ。
漫画読まなくちゃ…。


***


というわけで、第2話。
今回は、トールがオークルリングのセカンドをやっちまって、さらにティズに夫に選ばれて、オークルリングに保護される、と。
そこまででしたね。
って、そんな簡単に言っちゃうと、なんかお話めちゃくちゃですけど(汗)。


このキマエラでは、肌の色によって分けられて、それぞれの色を表す"オークル"、"ホワイト"、"サン"という3つのリングで統括されており、すべてのリングの上に立つモノが獣王。
獣王に成り上がれば、キマエラから、通常の刑務星のヘカテへ上がることができるんだそうで。
ヘカテがキマエラと比べてどれだけイイ場所なのか分からんけども、とにかくこのキマエラの王になれば上がれるからみんな頑張っている、と。
そんな感じかしらん。
まだまだ謎が明かされているないキマエラ。
昼と夜が180日ずつ続き、昼の気温は真夏のジャングル並み、夜の気温は酷寒。
およそ人が生きられる環境ではないけど、でも、人間ってのはたくましいのぅ。
ってか、環境整備されたユノ育ちのトールが、突然落とされたキマエラで、どうして、どうやって生き残るのか、ってのが、物語の大きな軸なのに、トールのガッツやイライラ魂が足りないのが相変わらず気になるかな~。
ラーイは、まぁ原作でもあっという間にいなくなっちゃうんで、あんな感じでよかったと思うけども、とにかくトールのガッツを見せてくれ。
もっともっと見せてくれ。

それからね、肌の色。
これ、結構重要ですね、そういえば。
ユノでは、肌の色を変えるのは簡単なのに、キマエラでは肌の色が重要視されている。
重要視されているけど、でも、変えられるものなの。
コレ、覚えておいた方がいいですよね。うん。

なんだかな~。
内容知ってるアニメだと、突っ込みどころというか、「原作とココが違う!あそこも違う!キィー!」って感想しか浮かばなくて困りますね。
まぁ、そ~んなに変わってないけど。全然そのまんま、だけどね。
それから、サードもね。
しゃべり始めましたが、もうちょっとメリハリのある喋りをして欲しいけど、うーむコレもやっぱり慣れるしかないかな。
サムライチャンプルーの、なんだっけ、あのメガネサムライ。
あの人のときも、結局慣れちゃったもんね。最後は。

と・こ・ろ・で。
検索ワードで、獣王星がぶちあたる確率が高いようですが、あれなんですね。
あの、D本さんのファンの人は、やっぱり楽しみにしてるんだなぁ。
そういや主題歌もD本さんなんですね。
なんか、話の内容に合ってるんだか合ってないんだか、微妙な歌だった…ような気がする。(←今回、オープニングは早送り派)

ってことで、次回はなんだろね~。
とにかく、オーディン、出て来いよ。
オーディンが出てこないと、トールのガッツも微妙なんよ。
スポンサーサイト

| 獣王星 感想 | 23:48 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pekopeko222.blog57.fc2.com/tb.php/94-a6c42508

| main |

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

同盟色々

愛
18禁 オトナですからね!

プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
全体的にゆるいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。